駆動伝達方式は、大きく分けて前輪駆動と後輪駆動があります。前輪駆動は、前に置いたエンジンの力を直接、前輪に伝えてクルマを駆動させる方法で、その場合、後輪はグリップ力は維持するものの、ただ回転しているだけになります。一方、後輪駆動は、前に置いたエンジンの力を、プロペラシャフトで後輪に伝え、駆動させる方法で、前輪は、舵を切る役割のみを担当します。前輪駆動のクルマの運転操作性の特徴は、重心がクルマ前部に偏るため、ハンドルのに合わせてキビキビ動き、坂道や雪道での操作性が良くなる一方、コーナーでアクセルを踏み込むと、クルマの前部がカーブの外側を向くアンダーステアという状態になります。後輪駆動のクルマでは、カーブの時にアクセルを踏むと、クルマの後ろ側がカーブの外側を向くオーバーステアの状態になり、スピンが起きやすくなります。しかし、クルマの前は、カーブの内側を向き、速く走れることになり、スポーツ走行に使われる車は、一般的に後輪駆動です。また乗り心地がよいのも後輪駆動といわれています。この二つとは別に、エンジンの力を全ての車輪に伝える4輪駆動があります。4WDといわれるもので、雪道や悪路などで、路面を4つの車輪でしかり捉えるため、操作性は安定します。しかし部品が多くなり、クルマの価格が上昇し、また燃費も悪くなる弱点があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。