フルート車は日々進化していますが、真価のスピードが速いのがエンジンとミッションとも呼ばれる変速システムです。特にミッションはこれまでのマニュアルミッション、オートマチックトランスミッションの他にもさまざまなタイプが登場しています。特に最近注目されているのがCVTと呼ばれるATです。CVTはこれまでのATとは違い、ギアではなく、ベルトを使って変速を行います。ベルトを使うことで無段変速が可能となり、変速時のショックがなくなり、燃費の向上にも繋がると言われています。ベルト部分の作成が難しいと言われていましたが、開発が進み、小型車にも搭載できるほどに利用が進んでいます。また、ATについては自身でギアの選択ができなかったのですが、パドルシフトなどと組み合わせて自身でギアを選択できるようになっており、坂道や追い越しなどギアを下げて走行するということも可能になりました。また、ATの概念を打ち消すようなDCTと呼ばれるような機構も登場しています。DCTなどはクラッチを複数枚持ち、油圧でクラッチ制御していたのをやめ、コンピューター制御でクラッチ操作、ギアの設定を行います。そのため、ATよりも速い変速ができ、MTよりも効率のよいミッションとして注目されています